相続税のことを理解しておこう

意外と多くの人が見落としがちな相続税について

遺産を受け継いだ時に支払う税金

相続税の仕組みを把握しよう

相続税とは、遺産を受け継いだ時に発生する税金です。
お金以外に、土地や建物を遺産として受け継ぐときがあります。
その時も同じく相続税が発生するので、受け継いだ土地や建物もお金に換算して、相続税の金額を計算しなければいけません。
また相続人でなくても、遺言書に遺産を与えると記載されていたときは優先されるので遺産を受け継ぎます。

その時にも相続税が発生するので、自分には関係無いと思わないでください。
知らないうちに遺産を受け継いでいて、相続税を納めなければいけない立場になっているかもしれません。
その時に慌てないよう、相続税が発生する金額を知っておきましょう。
それ以下の金額だったときは、相続税を収める必要はありません

基礎控除を知っておこう

誰でも遺産をお金や土地などの遺産を受け継いだとき、相続税を納めなければいけないわけではありません。
基礎控除に含まれている人は、支払う必要はありません。
この仕組みを知らないと、無駄に相続税を支払うので必ず知ってください。
簡単な計算方法があります。
3000万円に相続する人の人数を足して、600万円をかけてください。
それが基礎控除の金額になります。

自分が受け継いだ遺産が基礎控除以下の金額だった際は、相続税が免除されます。
簡単な計算なので、誰でも間違えずにできると思います。
相続税を自分が支払わなければいけないのか、不安を抱いている人が多いと思います。
早めに計算して答えを出していれば、安心してお葬式の準備などができます。


この記事をシェアする