相続税のことを理解しておこう

意外と多くの人が見落としがちな相続税について

まずは相続する財産のチェック

土地をお金に換える計算方法

土地を計算する時は、いくつかの種類があります。
路線価方式という方法だと、正面路線価に奥行価格補正率と土地の面積をかけて答えを算出します。
路線価を知る必要があるので、事前に調べておきましょう。
路線価方式だと、相続税は取引した金額の70パーセントから80パーセントになると言われています。

別の方法だと、倍率方式があります。
路線価のない土地も存在するので、そのときはこの方法を使って計算します。
固定資産税の価格に、税率をかけて答えを算出します。
土地を遺産として受け継ぐことが前から分かっているときは、どちらの方法で相続税の計算をすれば良いのか考えておきましょう。
すると答えがすぐに分かるので、スムーズに納められます。

建物の計算方法を理解しよう

建物の価値をお金に換えるときは、建設の途中か終わっているかが重要な部分です。
まだ建設が終わっていないときは、建設費用に0.7をかけてください。
それで評価額を算出できます。
すでに建設が終わっている建物は、固定資産税を確認してください。
役所に行くと、建物の固定資産税を見せてもらえます。
固定資産税を元に、相続税がどのくらいになるのか判断します。

一般的には、固定資産税の60パーセントから70パーセントになると言われています。
自分が知らないだけで、亡くなった人はすごく大きな建物を所有していたかもしれません。
急に受け継ぐことになって、相続税の計算を慌ててすると間違えてしまいます。
どのくらいの財産を持っているかチェックしましょう。


この記事をシェアする